コアミュージック紹介メディア
コラム

YouTubeのコメント欄にいる「なんちゃって音楽家」の皆さんへ

 

引用元:YouTube HP

音楽好きならYouTubeで音楽を聴くことが日常的にあると思う。

コメント欄を見ると自分と同じ気持ちの人がたくさんいて、いつもほっこりする。

コメント欄って「新しい発想だな」って感動したり、「うわ〜、わかるなぁ」って共感したり、そのバンドを好きな人たちにとって、声の聴こえない交流の場所の1つだと思う。

だけど、そこにめちゃくちゃに腹が立つ つまらないコメントが何件かある。

アーティストの方が想像できないくらい頑張って作ったものにコメントをする時、それを見る人の気持ちを考えたことありますか?

自己満足だけで意味もなく音楽を傷つけるのは、どうかやめてほしい。

「マイヘアぽい」って言う人、どのバンドにも言ってるでしょ。

 

「〇〇ぽい!〇〇に似ている!」

1回、土にでも返って考え直して欲しいと思うくらいに腹がたつコメント。「マイヘアぽい!」とか、もうとにかく黙ってほしい。その感受性のカケラもないコメントは見飽きてるんだ、こっちは。

「〇〇に似ている」ってコメントの先は何がある?バンドは喜ばないし、リスナーは嫌な気持ちになる(少なからずわたしは大嫌い)。なにもいいことがない。

そのバンドを初めて聴く人だってたくさんいるのに、「〇〇ぽい」ってコメントのせいでせっかくのいい曲が「〇〇ぽいバンド」の曲に変わってしまう。

心の中で思うのは、どこまでも自由だ。だけどちょっと聴いただけで、それをわざわざ言葉にしなくてもいいと思うのです。そんなコメントする時間があるなら、道端に落ちてるゴミでも拾うなりして勝手に社会貢献でもしててくれ。

音楽を耳で聴かないで、どこで聴くのか。

 

ボーカルがブス。

 こういう音楽を目だけで聴くタイプが本当に苦手。耳が聞こえるってすごく幸福なことなのに、どうしてその幸福を無駄使いしてるのか。

百歩譲って、音楽プロデューサーさんが言うならまだわかる。「売れるためには」って、その方なりの音楽に対する信念がある上での発言だろうから。

だけど音楽を楽しませてもらうリスナーの1人であるなら、必要ないと思う。絵画をみて「いい匂いがする」って言ってるくらい的外れな感想。まったくもって意味がわからない。

世間はビジュアルを大事にしていることはわかる。だけど、それを言葉にする価値は音楽の世界にない。君からしたら”ブスなボーカル”が歌うその歌は、十分すぎるくらいにかっこよかったりする。

音楽を目で聴かないでほしい。せっかく聴こえるなら、耳で聴いてください。

「量産型」ってそのコメントが量産型です。

 

よくある”量産型バンド”だ

これ、本当によく見かける。

正直、わたしも思うことはある。自分にとっては”ありがち”なバンドに聴こえるバンド。

過去の記事で、「街人」ってバンドのこと「特徴がないし売れなさそうだけど、インディーズ好きな自分にとっては最高の音楽を歌うバンド」 って否定の要素がある記事を書いた。これに対する批判はあると思う、されて当然のことだ。

だけど、わたしの根底には「街人っていうバンドを知ってほしい」というのがある。「褒めるだけ」はいつのまにか信頼を奪って、本当を嘘に変える。本音の本音を書かないと、なにも信じてもらえない。

そうなりたくないから、批判ぽい記事だって書く。だけど、批判”だけ”の記事は書かない。根底には「いいバンドをもっと届けたい」って思う気持ちが絶対にいつもあるから。

だけど、「量産型バンド」ってコメントは否定的でしかない。その言葉は誰かのためになる?そこから何も生み出さない、生産性のないかわいそうな文字でしかない。

 

(引用:スクリーンショット)

本当にユアネス黒川さんの言う通りだ。

「量産型だ」ってコメントがもうすでに量産型。そんな量産型の人間に音楽の良し悪しがわかってたまるか。

何を言うのも自由だけど、場所を考えてほしい

(引用元:photoAC)

何かを思うのは自由だ。そこから芽生える感情も、発言も、自由だ。

法律があるわけでもないし、傷つく人がいない場所でなら「量産型」だの「ブス」だの散々言っていればいいと思う。勝手にやっていてくれ。

ただ、音楽を心から楽しんでいる人がいる場所でそれを邪魔するようなコメントはしないでほしい。

顔も知らない人たちが空虚でくだらない言葉を交わしあっているのをたくさんみてきた。みるたび悲しくなる。その人たちも本当は音楽が大好きなんじゃないの。

表現の仕方はちょっと探せばいっぱいある。だからコメントをする時はちょっとでいいから、その先を考えてみてほしい。悲しい音楽の世界なんて誰も求めてない。

どうか、どうか、伝わりますように。口が悪くなってすみませんでした。

読んでいただきありがとうございます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です