まとめ

「0」や「アウトフォーカス 」などHalf time Oldおすすめ曲5選!

 


鬼頭大晴(Vo/Gt)、小鹿雄一郎(Gt)、阪西陽(Dr)からなる古屋発の3ピースバンド、Half time Old。

リスナーに発見をくれる歌詞と、いつの時も自分たちが信じた音を貫く彼らのオススメ曲をYouTubeにあるものから5つ厳選して紹介!

 

1. アウトフォーカス |Half time Old

2017年リリースの2ndフルアルバム『発見と疑問』の収録曲。YouTubeの再生回数は200万回を突破している。

彼らの曲は、自分にとってどれも人生における教科書のような歌詞で毎回発見をくれるが、”普通が1番の異常だ、憧れとは1番の他人だ”という言葉は、聴くたびに特に考えさせられる。阪西さんの軽快なドラムで始まるイントロから、食いつくように始まる鬼頭さんの歌声で一気に惹かれる代表曲だ。

 

2. ミニマリスト|Hald time Old

前述の「アウトフォーカス 」とこの「ミニマリスト」はライブの締めでセットで盛り上がる曲でもあり、Half time Oldの2大人気曲。3年前からなにか一緒にやりたいと話していたセカイイチの岩崎 慧さんがアレンジに加わったこともあり、今までとは雰囲気が変わった1曲。

ボーカル鬼頭さんがTwitterで、「生きるのに必要な物以外極力物を持たず生活する人の事をミニマリストと言い、衣食住だけが必要なことではない。失うことで目に見えない大切なものに気づくものだ」と話している通り、他者ではわからない自分にとって大切なものを再認識できる楽曲。

歌声もどこかいつもより誰かを肯定するような優しい声に聴こえ、同アルバムでは「ギターで魅せるところを多く作りたい」と考えていた小鹿さん(Gt)のリードギターは、特に背中を押してくれる。

参考:Half time Old インタビュー/ OKmusic

 

3.  銃声と怒号|Half time Old

3rdフルアルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』のリード曲。前作のアルバム曲と比べ、小鹿さんのギターがこれまた光る1曲。

始まってすぐ、鬼頭さん(Vo&Gt)が小鹿さんの方へ椅子を蹴る印象的なシーンは何度も撮影し直したそう。曲の終わりに近づくにつれ暗くなる会議室で、正装でロックをかき鳴らすという個性的なMVであり、曲名にちなみサビ前で銃を構えるシーンもまた記憶に残る

”自分を成り立たせるために人を否定することが多いけれど、人を気にせず自分だけで生きていくのは良くない”という思いが込められているそう。

 

参考:Half time Old インタビュー/TRACKs

 

4. シューティングスター|Half time Old

2016年にリリースされた1stフルアルバム『人生の使い方』のリード曲。鼻歌から作られたこの曲はHalf time Oldには珍しいポップな1曲だが、“天の川の向こうで待ってて欲しい”という歌詞の宛先は鬼頭さん(Gt/Vo)の亡くなったお父さんだそう。「個人的なことを歌にしていいのか」という葛藤もあったそうだが、コアなファンからは根強い人気を持っている曲だと思う。

同アルバムはベーシストのISAKICKさんをアレンジャーに迎えており、この「シューティングスター」のデモには鍵盤がガッツリと入っていたがHalf time Oldにはキーボードがいないため、ギターのフレーズに悩んだ過去も。

2ndアルバム『発見と疑問』にはピアノアレンジバージョンも収録されており、ギターロックとはまた違ったしっとりとした切なさを感じるアレンジとなっている。

 

参考:Half time Old インタビュー/Skeream!

 

5. 嵐の中で貴方に向けた歌|Half time Old

2014年リリースのアルバム『and ACE』収録曲。5年も前の曲だが、リスナーを肯定しつつ背中を押してくれる前向きな歌詞はこの頃から変わらない。

鋭いことや悲しいことを歌っていても、最終的には前を向くことが多いHalf time Oldらしい歌詞はこの頃から健在だ。3rdフルアルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』には同曲のピアノアレンジverが収録されており、リリースツアーで「嵐の中で貴方に向けた歌」を披露し、泣いてしまうお客さんも少なくなかったというコアなファンからはとても人気のあるナンバー。

 

Half time Oldのおすすめ曲、5選でした!

 

以上、Half time Oldのおすすめ曲5選でした。過去の曲はアレンジもとてもシンプルですが、3rdフルアルバムの収録曲はロック色がかなり強いアレンジになり、彼らの成長がとてもわかりやすく感じるのではないだろうか。YouTubeにはない音源だが2nd アルバム『発見と疑問』の音楽への愛を歌った「愛しているよ」もライブ定番曲であり、こちらも人気の楽曲。

1年に1度のペースでアルバムをリリースしてくれているHalf time Oldですが、来年はどんな彼らの快進撃が見えるアルバムになるのか。今後の彼らから目が離せない。

読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
あき
インディーズバンドなどコアな音楽を紹介する記事や音楽界隈に関するコラム記事、またインタビューやライブレポートなど執筆。 好きなバンドはたくさんありますが、サイトを始めるきっかけの音楽はHalf time Oldとヨルシカです。