コアミュージック紹介メディア
バンド

【ネクライトーキー】突如現れたインディーズ界のバラエティーバンド

26|ネクライトーキー

今回は初めて女性ボーカルのバンドを紹介しようと思う。

女性が女性を褒めてもお世辞に聞こえるから書いてこなかったけど、今回のバンドを紹介しないのはあまりにも もったいない。

去年デビューしたばかりなのに、かなりの中毒性を投げつけてくる「ネクライトーキー」というバンド。

ボーカルが本当にとっとこハム太郎なのに、気づいたら何度も聴いてる4ピースバンド「ネクライトーキー」を見逃さないでほしい。

インディーズ界のバラエティー枠『ネクライトーキー』


曲名:オシャレ大作戦|ネクライトーキー

 

バンド界のバラエティー枠というか、純粋にただ音の運びとボーカルの歌声が楽しい。

なんといっても、ボーカルもっさちゃんの歌声が特徴的だ。誰だ、「ハム太郎ボイス」なんてつけたの。ぴったりすぎるだろ。ファンの方までセンスあるのか、このバンド。

好き嫌いが本当にはっきりわかれると思うけど、わたしはがっつり好き派。基本的に声が可愛すぎるバンドは頭痛くなるからまったく聴かないのだけど、ネクライトーキーは2日に1回は必ず聴きたい。

ハム太郎は「どつきまわせ、鉄で殴れ」なんて言わない

曲名:めっちゃかわいい歌|ネクライトーキー

 

橋本環奈さんみたいに「お顔が可愛いのにハスキーボイスで毒を吐く」みたいなギャップに人は弱い。

ネクライトーキーも同じで、「めっちゃ可愛い歌になればいいな」なんて可愛い声でうたっているのに、「どつきまわせ、鉄で殴れ」なんてハム太郎ボイスで歌うから好き。

これで「君はわたしのこと好きじゃないよね、もっと可愛くならなきゃな!」とか本当にめっちゃ可愛いことを歌ってたら、ネクライトーキーを絶対好きにはならなかった。

ネクライトーキーの作詞・作曲はボカロPだった

曲名:許せ!服部|ネクライトーキー

 

ボーカルの声に注目しがちだけど、サウンドがめちゃくちゃ凝ってる。クライトーキーの大黒柱はボーカルだが、縁の下の力持ちは間違いなく、朝日さんの凝ったアレンジだと思う。

もともと、朝日さんは石風呂さんという名前でボカロPとして活躍していた。その石風呂さんの歌をカバーしていたのがもっさ(Gt&Vo)さんで、そこでコンタクトをとったのがバンド結成のきっかけだそう。

もっささん以外はバンド経験が長く、挫折の繰り返しだったという。今となっては再生回数200万回超えの人気曲『オシャレ大作戦』となったが、この曲がコケたら死のうと思っていたときくから、本当に有名になってよかった。

ネクライトーキーを評価してくれる世の中でよかった、本当に。

ネクライトーキー聴いた人、次の日もネクライトーキー聴いてる説

ネクライトーキーって、もうとことん面白い。聴いてると頭が悪くなる気がするし、わたしも紅ショウガ投げたくなるし、気づいたら1日ネクライトーキーしか聴いてない日があるし。

可愛くて、可愛くない。適当そうで、めちゃくちゃ凝ってる。

インディーズ好きな人には、ぜひとも知ってほしいバンド ネクライトーキー。この中毒性にハマってくれたら幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

 

■ネクライトーキー YouTube

■石風呂さんの音楽
(作詞作曲を務める 朝日(Gt)さんがボカロPとして活躍している)

■ネクライトーキー Twitter

■ネクライトーキー HP

 

オトモニアTwitterではコアモニくんが最新記事のツイートやバンド情報をツイートしています!よければ、フォローしてください@(・●・)@

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です