コアミュージック紹介メディア
バンド

Hakubiが好きなら スマートホンなんて捨てろ。

 

33|Hakubi

(引用:Hakubi Twitter)

 

Hakubiは結構前から聴いていたのだけど、少し距離を感じていたバンドだった。だけど、9日に渋谷で行われたサーキットフェス「JAPAN’S NEXT(以下ジャパネク)」見に行ったらそんなもどかしい距離がなくなった。

ライブでのたった1曲がHakubiの印象を思いっきり変えた。

画面越しだけで判断してはいけない3ピースバンド、Hakubiを見逃さないでほしい。

ライブでの片桐さんの歌声に救われた。

 

Hakubiのライブがかっこいいなと思ったのは、ボーカルの片桐さんがきっかけだった。強くて、芯のある歌声がすごく響いて、悩んでいた自分を救ってくれた。

というのも、ジャパネクの頃わたしは「男性がよかったな」と自分の変えられない運命をけっこう真剣に悔やんでいた。

好きなバンドの話しをすると、「確かにボーカル かっこいいもんね」って女性ならではの好きだと思われることが嫌だった。読者の方にもそう思う人がいるのかなって、ちょっとこわくて好きを言葉にしづらい時があった。わたしは彼らの”音楽”が大好きなだけなのにな、と。

そうやって「女性じゃなかったら」と自分の性別を悔しく思っていた。

そんな時だった、わたしは女性ボーカルのHakubiというバンドのライブをみたのは。

O-nestの天井なんて平気で突き抜けそうなくらいにまっすぐな片桐さんの声がかっこよかった。同じ女性として、彼女の歌声は自分の心にまっすぐ刺さって、悩んでいたのが馬鹿馬鹿しいと思えた。

同じ女性の片桐さんがかっこよくて、わたしも好きな音楽をこのメディアで堂々と叫ぼうと思い直せた。

電波とかイヤホンとかそんなもの、壊しそうな声で。

JAPAN’S NEXTでの入場規制が取れた瞬間に他のライブハウスをを走って抜け出して、あの日最後の曲であったこの「夢の続き」を滑り込みで聴かなかったらHakubiの魅力は今もまだわからないままだったと思う。

イヤホンを通して聴こえてくるHakubiもかっこいいけど、ライブは規格外のかっこよさだった。まだライブで1曲しか聴いていないわたしが話していいのか不安だけど、Hakubiは、ライブハウスで息をするバンドだと思う。画面越しでは伝わらない感情があるからHakubiはステージに立ってると思った

ライブのほうがいいなんて、周知の事実、どのバンドもそうだ。仮に演奏が下手だったとしても、想いがより詰まっている生演奏の方がいいに決まっている。

ただ桁外れにHakubiのライブはかっこよかったんだ。知名度とか、周りの目とか、そういう自分を制御してしまいそうなものを全部置き去りにしてステージで音楽するHakubiが本当にかっこよかった。

どんな会場でもHakubiがそこに立ってくれれば。

 

(引用:Hakubi Twitter)

Hakubiの音楽を尊敬しているし、これからもっと好きになると思う。「音楽を尊敬する」って感情は今までなかったけど、Hakubiが教えてくれた。

彼女たちは尊敬とかそんな堅苦しいもの嫌いかもしれないけど、誰かに話しても解決しない悩みを一瞬で吹き飛ばしてくれた音楽は優しくて、貴重な存在だと思う。

ライブ前はこんなこと思ってなかったし、それどころか少し距離を感じていたバンドだったけど、ライブが無意味な距離感をなくしてくれた。

今の時代はアーティストに会わなくても音楽を聴けるけど、Hakubiはスマホでなんて聴かないでほしい。どんな場所でもいい、もしHakubiを直接聴ける機会があるなら見逃さないでください。

読んでいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です