コアミュージック紹介メディア
インタビュー

さのめいみ。| 音楽カウンセラー(前編)

さのめいみ。さのめいみ プロフィール写真

今回紹介するのは、路上ライブのツイートに大きな反響があったシンガーソングライター さのめいみ。さん。

Twitter上で1万件近くのRT、2万件超えのいいねを獲得した。

さのめいみ。さんは独特の世界観を音楽で作り上げる。その音楽は今日も誰かをそっと助けている。

その音楽は一体どんな音楽なのか。インタビューさせていただきました。

本日の天気をおしらせします。|さのめいみ。

明日のどこかにはそんな敵も味方になっているでしょう

 

この曲は冒頭にも書いた通り、Twitter上で大きな反響があった。

さのめいみ。は、音楽で「救いの共感」を届けるアーティストだ。

この曲で彼女は、頑張って生きている人に向かって「頑張れ」ではなくて「負けないで」を届けたいという。

「自分も音楽をやっていて つまづくことがたくさんあるように、他の人も毎日辛いことあると思うけど、頑張れなくてもいいから負けないで」と。

自身も言っている通り、歌詞が聞き取りづらい部分もあるかもしれない。

しかし、そんな歌い方にこそ こだわりがある。

力強く歌うことで歌詞だけではなくて歌声そのものでも誰かを助けたいという願いを込めているそうだ。

そういうのもういいよ、馬鹿。|さのめいみ。

だから早くネタばらしを。

さのめいみ。は、この曲の答えを知らない。

彼女自身も答えを探しながら歌い続けているそう。

憧れていた人が亡くなり、悲しみに囲まれていた時に生まれた曲だ。

「落ち込んでいる人を慰めることって正直疲れる。でもそんな自分だけど、やっぱり慰めて欲しい。」そんな葛藤がある。

「どうしたらいいか分からないし疲れてしまう。だけど とりあえず、とりあえずは生きてみようよ。何も言えないけど、難しいことだけど、とりあえず生きてみようよ。」

不器用なさのめいみ。が送る、誰かのための救援歌だ。

好きだ。|さのめいみ。

今日も美味しいものに美味しいと喜ぶあなたが好きだ

電車には疲れている人がたくさんいる。そんな人たちを見てできた曲、『好きだ』。

1番の歌詞は「自分が嫌い」、2番の歌詞では「あなたが好きだ」に変わる。

さのめいみ。も、なかなか自分自身を好きになれないという。

だけど、「誰かのことを好きになれば自分自身のことも少し好きになれるんじゃないかな」と思ったそう。

そうして、この優しい歌詞が生まれた。

美味しいものに美味しいと言えること。そんな当たり前ができるということは本当は、難しい。

「そんな当たり前ができるってだけで、もう十分すごい。」

「だから私はあなたが好きだよ」そんな想いが隠れている。

 

君の感じる寂しさに僕は隣で泣いていたい

さのめいみ プロフィール写真

コンプレックスだらけの自分が唯一、誰かのためにできることが音楽だという

毎日不安を感じる。きっと明日も不安を感じる。だけどそんな毎日を、明日を、生きていこう、少しづつ愛してあげよう。辛いのは、1人だけじゃない。だからきっと大丈夫。

そう思いながら、さのめいみ。は歌を歌っている。

誰かの悲しさや苦しさに寄り添うことができるのが、さのめいみという人だ。

辛いことも苦しいことも、同じ思いをしている人がいると知れば少し楽になれることってあると思う。

彼女はそんな誰かが安心できる場所を音楽で作る。きっとこれからも。

読んでいただきありがとうございました。

インタビュ記事は後編へ続きます➡︎さのめいみ。インタビュー記事(後編)

さのめいみ。さんをもっと知りたい人へ

さのめいみ。 公式YouTube

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です