バンド

バンドごっこみたいなコミカルバンドは面白い歌詞を書かなくてはいけないのか

キュウソネコカミ、ReVision of Sence、特に最近はヤバイTシャツ屋さんなどコミックバンドの活躍が目立つ。このコミカル界隈で忘れてほしくないミュージシャンの1つがバンドごっこだ。

コミックバンドと検索すると”音楽の演奏よりも、滑稽な仕草や面白おかしい歌詞で聴衆を楽しませるバンドのこと”なんて書いてあるけど、それだけがコミックバンドじゃないと思うとWikipediaに言いたい。

ライブ映えするサウンドを武器とするコミックバンド、バンドごっこを聴いてほしい。

バンドごっこの武器はユーモア溢れる歌詞なんかじゃない


曲名:おにさんこちら|バンドごっこ

 

そもそもの話だけど、コミックバンドのめちゃくちゃな歌詞って書けそうで書けない。例えばヤバTの「かわE越してかわFやんけ」は一見意味がわからないけど、「Eの次はFだから、もうめちゃくちゃ可愛いって意味なのか」と単純に理解しやすい。営業妨害かもしれないけど伝わるか伝わらないかのこのギリギリのラインを攻めるのがうまいから本当は賢いと思う、こやまたくや。身内ネタみたいに特定の人にしか伝わらないものはアーティストではなく趣味の範囲になってしまうし、かといってインパクトがなければ誰も目をむけない。ユーモアと常識のわずかな隙間を狙った共感型の歌詞を求められる、そんなすごく難しい位置にいるのがコミックバンドというジャンルだ。

では、同ジャンルであるバンドごっこの歌詞はどうなのか。まずは冒頭を見てほしい。

大きな体にツノもある
強そうな見た目の赤鬼
あの子とあの子とあの子にも
怖がられてる

おにさんこちら|バンドごっこ

 

偏差値2か。コミックバンドは本当は頭がいいなんて言ったけどバンドごっこに関しては違うらしい。サビなんて「タスケテヨ」しか言わないし、歌詞だけを見たらコミックバンドに必要な独創性がないし、誰でもかけそうというのが正直な感想だ。

こんなめちゃくちゃ失礼なことを言っておきながら、私はバンドごっこが好きだしより多くの人にオススメもしたい。というのも、ベース強めのサウンドと先が予測できないメロディー、そしてなにより楽曲のどこの部分を聴いてもめちゃくちゃ楽しそうなライブが容易に想像できるから。

オリジナリティー溢れる面白くて賢い歌詞を最大の武器とするバンドもいれば、小さなユーモアセンスと誰が聴いてもノリやすいキャッチーメロディーを武器とするコミックバンドもいる。今日紹介したいバンドごっこは完全に後者のコミックバンドだ¥。

 

行く前からライブの楽しさが絶対的に確信できるバンドごっこ


曲名:歌う門には福きたる|バンドごっこ

バンドごっこの曲調の振り幅が広いことがわかる「嘘の言葉」や、がっつりロックバンド要素が強い「僕と世界」と聴き比べてもらえば伝わってもらえるかと思うのだけど、昨年10月にアップロードされた新曲の「歌う門には福きたる」はより一層コミカル要素が確立されてきた分、サウンドもそれを追いかけるようにさらにこだわり感じる1曲となっている。MVも国民的アニメ「ポ○モン」をオマージュするなどコミカル要素がかなり強まっていて、個人的に一皮むけたような印象を受けた。

改めてバンドごっこを紹介すると、ボカロPのような独特な雰囲気をもつメロディーに加え、Suspended4thのような今時珍しいゴリゴリなロックバンド感を持ちつつ、そこに小さな笑いもちゃっかり取りに行く。色々なジャンルのいいところをいいバランスで詰め込んでいるのがバンドごっこだ。

加えてMVのライブシーンに注目すると、オーディエンスが楽しそうなことがはっきり伝わってくる。前述した通り、まだ行ったことはないけれどバンドごっこのライブは間違いなく楽しいはずだ。これはReVision of Senceのライブに行って感じたことだけど、パッと見ただけで踊れる簡単な振り付けがあるライブってすごく楽しい。なににも代え難い一体感を味わえるし、終わったあとの爽快感も癖になる。

自宅にいても見れるMVで特別な楽しさを魅せれるバンドごっこは、リスナーがライブに足を運ぶきっかけを自ら作っていることになるし、無料で音楽を聞くことが当たり前な国内で重宝されているYouTubeの使い方も上手だなと思う、もしかしたらバンドごっこは賢いのかもしれない。

コミックバンドは「歌詞が面白くなければダメ」というわけでは全くない

コミックバンドは2種類いる。

サウンドよりも独創的なユニークな歌詞をより強みとするバンドもいれば、反対に歌詞よりもノリやすいライブ映えするサウンドのほうを重要視するコミックバンドもいる。コミックバンドと聞くと前者を想像しがちであり、みんなの用語辞典 Wikipediaにもそうかいてある。だがバンドごっこを聴いて、ユーモアセンスが言葉には少なくとも、足りないコミカルの部分を個性的なバックサウンドで埋めるバンドもいるのだとバンドごっこに出会えて教えてもらった気がするのだ。

そもそもコミックバンドというジャンルは親しみやすいからこそ、そのバンドを1番に推ししているというよりも幅広く好かれている印象があるし、どこからがコミックなのか決めづらいところはある。好きなバンドがたくさんある人が多いこの邦ロック界隈、バンドごっこもぜひ自分の好きな音楽の1つにいれてみてもらえれば嬉しい。

読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
あき
インディーズバンドなどコアな音楽を紹介する記事や音楽界隈に関するコラム記事、またインタビューやライブレポートなど執筆。 好きなバンドはたくさんありますが、サイトを始めるきっかけの音楽はHalf time Oldとヨルシカです。