バンド

雪と桜の間に、ドラマストアを。


どの音楽にもそれぞれに似合う季節がある。

無性に切なくなる冬がおわって、もうすぐ理由もなく気持ちが上を向く春が近づいている。毎年、春になると何に期待しているのかもわからないけれど、小さなワクワク感を片手に毎日を過ごす人がたくさんいるだろう。

川沿いの寂しそうだった木々は色づき始めるように、わたしたちの気持ちにもそれぞれの色がつき始める。就職だったり、進学や進級、もっと別の生活だったり。うっすら見えつつあるそれぞれの新しい未来に不安を感じながらも、なにかを楽しみにする時期が春ではないだろうか。

そんな春になると芽生える暖かい高揚感にぴったりなバンド、ドラマストアに今、出会ってほしい。

移ろう季節と共にドラマストアを。


曲名:世界はまだ僕を知らない|ドラマストア 

 

今日までこのバンドを紹介しなかったのも、暖かくなるのをどこかでずっと待っていたからなのかもしれない。玄関を開けた時に香る外気に心は弾むし、店頭に並び始めた春服をみて「今年はどんなお洋服を着よう」なんて考えたり川沿いに咲き始めた桜が満開になる姿を想像したりそうやって将来が、明日がいつもよりちょこっと楽しみになる春にドラマストアはぴったりだと思う。

ドラマストアは春の期待感が本当に映えるバンドだもちろん夏も秋も、冬だってどの季節になっても聴いていたいバンドだけど、聴いていて1番気持ちがいいのは「今年度はどんな年になるだろう」という未来にどこか期待している初春のこの時期なのだ。

曲を聴いてもらえばわかる通り、この出どころがわからない初春の高揚感にドラマストアのメロディーはぴったりくっついてくる。歌詞もそうだけど、サウンドの全体的なバランスと壮大感がいまのこの浮つく気持ちとそっくりなのだ。

新生活が少しづつ近づき始めているこの時期、ドラマストアと一緒に春を迎える準備をしてみてほしいとここで伝えたい。

ドラマストアにが似合う理由


曲名:エンドロール|ドラマストア

 

ドラマストアは春が似合うと思う大きな理由は、彼らが音楽で魅せてくれる雰囲気とか壮大さがこの時期特有の高揚感にそっくりだからというものなのだけど、中でも前述の『世界はまだ僕を知らない』とこの『エンドロール』は特に春に咲く音楽だと思う。春の外気に気持ちが高ぶるのと同じように、ドラマストアを聴くと確証も保証すらもない自分の将来が不思議と楽しみになる。

もっと先にいる夏を先取りしたようなピアノロックというジャンルだからなのか、ボーカルの歌声を活かすようなメロディーの奥行きの深さなのか、規則的な音が心地いベースに乗りやすいからなのか。それとも、サビの跳ねるようなポップなギターサウンドが好きなのか。

この時期にドラマストアにワクワクする理由は上げたらキリがないのだけど、たぶん番の理由はドラマストアの楽曲の盛り上がり方が自分の今の気持ちを代弁してくれている気がするからだ。

具体的な話しをすれば『世界はまだ僕を知らない』はBメロからサビへの流れが、この『エンドロール』はイントロからAメロに近づくにつれ楽器がどんどん増えていく楽曲の盛り上がり方が、初春の高揚感のように毎回ワクワクする。サウンドとリズムによって作られるリスナーの気持ちの緩急は音楽においてすごく大切な部分だと思うけど、ドラマストアは聴き手の気持ちのテンポをつくるのがどの曲も本当に丁寧で、自然と前を向ける。

正統派ポップバンドらしいまっすぐで乗りやすいリズム、透明感溢れるサウンド、そしてこれからの未来への自信に満ちたような歌声と一緒に盛り上がれるから、この春の訪れの時期に聴きたくなるのだと思う。

君を主人公にする音楽を掲げるドラマストアをこの時期にぜひ。

ドラマストアというバンド名には、「何気ない日常にドラマは転がってて、手を伸ばせば劇的はすぐそばにある」というメッセージが込められている。

わたしが言うとちょっとクサく聞こえるだろうから恥ずかしいのだけど、自分の人生というドラマの主人公は自分だけだ。365日、どの季節でも、主人公はいつだって1人しかいない。春はそんな1人しかいない主人公のそれぞれの出発の時期だと思う。

これから先の人生がいい物語になるよう、どうかドラマストアをそばにおいて今年の春を迎えてみてはいかがでしょうか。

読んでいただきありがとうございます。

 

ABOUT ME
あき
インディーズバンドなどコアな音楽を紹介する記事や音楽界隈に関するコラム記事、またインタビューやライブレポートなど執筆。 好きなバンドはたくさんありますが、サイトを始めるきっかけの音楽はHalf time Oldとヨルシカです。